GUM06_CL19062

ラングルハンス細胞は侵入物を撃退

表皮の一番上から3つ目が有棘層です。
表皮の中で
一番厚い層なんですね。

4番目の基底層で育った細胞は
ここで有棘細胞と呼ばれるようになります。

 

ここでは
細胞同士が棘のような腕で
がっちりと結ばれています。

表皮の強度を高めているところと言えるでしょう。
細胞と細胞の間はリンパ液が流れており、
栄養を送る仕事もしています。

 

この層で大事なのは聞きなれないラングルハンス細胞です。

 

角質層や顆粒層を通り抜けた
体に害となる毒を持つ侵入物を食べてくれる
ありがたい細胞なんですね。

 

なので、
過度の紫外線で大切な
ラングルハンス細胞
減少させないようにしましょう。

 

あわせて読みたい記事:


    紫外線を散乱させ侵入を阻止する 表皮の一番外側の 角質層の下を 顆粒層といいます。   顆粒層では一つ下の有…


    ターンオーバーは加齢とともに周期が延びる 肌は3つの層になっています。 外側から 表皮 真皮 皮下組織 の3層です。 &…


    基底層はターンオーバーのスタートライン 表皮の 一番底(4番目)にあるのが 基底層です。   新しい表皮細胞…


    乾燥肌、敏感肌を守れ!   表面には表皮があります。 その一番表側にあるのが 角質層 です。 ここで外界から…


    骨盤に内包されている子宮・卵巣は、 ただ宙に浮いた状態いるわけではありません。 仙骨と靭帯で結ばれて固定されているんで…