GUM14_CL11032

成長ホルモンは脂肪を分解する

成長ホルモン
脂肪分解する働きが
あるそうです。

 

しかも、
重たいダンベルなどを使うと
分泌されるというから驚きです。

 

さらに朗報は
6時間連続
分泌し続けるということです。

 

こうなると、
成長ホルモン
利用しない手はありません。

 

まずは、
ダンベル運動でもいいし
筋トレでもいいので
いわゆる無酸素運動をする。

 

アラフォー女性にとっては
無酸素運動が苦手かと思いますが、
手軽だけど効果十分の
ロートレーニングがオススメですね。

 

その後、
成長ホルモンが分泌し続けている
6時間の間に有酸素運動を行う。

 

どうして、有酸素運動をするかというと
成長ホルモンの働きで分解した脂肪
有酸素運動燃焼させるからです。

 

脂肪分解してから燃焼するので
有酸素運動をしないと
分解前の脂肪に戻ってしまうんです。

 

有酸素運動といっても
ウオーキングやジョギングは理想だけど
主婦なら掃除・洗濯などの家事労働で
十分だそうです。

 

今の説では
有酸素運動は連続して行っても
間隔を空けても効果は変わらないので
動いている時間があればいいようです。

 

要約すると、
無酸素運動
有酸素運動
の順番です。

 

あわせて読みたい記事:


    骨盤に内包されている子宮・卵巣は、 ただ宙に浮いた状態いるわけではありません。 仙骨と靭帯で結ばれて固定されているんで…


    唾液(つば)は欠かせない 最近、唾液(つば)が出にくくなった人いませんか?   以前、 高齢者向けの整体で行…


    過激なダイエットで 急激に食事制限をすると、 基礎代謝量は急速に 下がってしまいます。   これは自己防衛機…


    あきらめない女性が最後は・・・ 美容に関してあきらめた女性の理由はたくさんあります。 結婚、育児、加齢などなど、 でき…


    顔を触る時間が短い? 整顔を受けられた方は 気づいていると思います。 顔を触る時間が短い? そうです。 時間をかけるの…